体に優しく使える布ナプキン~デリケート肌にも使えるナプキン~

女の人

引き締めましょう

帽子を被った女性

デリケートゾーンの悩みには膣の悩みもあります。膣の緩みに悩んでいる女性は多くいらっしゃいます。膣のゆるみは出産や年令を重ねることで起きることが多いものです。膣は筋肉をトレーニングすることで引き締めることは難しく、特に出産を期に生じたゆるみを元に戻すことはできません。出産を行なう際女性の体はいろいろな変化をして出産を迎えます。出産時は赤ちゃんを外へ産み出すために、子宮の出口や膣も柔らかく伸びます。赤ちゃんは道を通って出てきますが、その際に膣の壁や膣の入り口の筋肉を伸ばしたり切ったりして出てきます。そのため出産後に膣のゆるみが生じるのです。若いうちは大丈夫ですが、膣のゆるみが原因で尿漏れを起こしやすくなります。そうなる前には気になる方は膣縮小手術を行いましょう。膣縮小手術は切開によるものと、ヒアルロン酸を注入するものの二通りがあります。切開の場合はまず麻酔を行います。無痛治療を行っている病院もあります。麻酔後膣の入口の引き締めを行ないます。膣の入り口の筋肉を縫い合わせ糸で引き寄せることで締まり具合を調整します。術後1~2週間後に抜糸を行ないます。病院によって費用は異なります。膣縮小手術は保険適用外の治療なので費用は安くはありませんが、手術台の他、薬代や手術後のアフターフォローなどの代金も含まれている病院もあります。デリケートな部分の手術ですので、医師の技術を問われますし、安心できる病院を選ぶことが大切です。